中務の少輔(読み)なかつかさのしょうゆう

精選版 日本国語大辞典「中務の少輔」の解説

なかつかさ【中務】 の 少輔(しょうゆう・しょうふ)

令制での中務省の次官。定員一人。従五位上相当。なかつかさのしょう。〔懐風藻(751)〕

なかつかさ【中務】 の 少輔(しょう)

なかつかさ(中務)の少輔(しょうゆう)〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android