少輔(読み)ショウ

  • ▽少×輔/▽少▽副
  • しょう セウ
  • しょう〔セウ〕
  • しょうふ セウ‥
  • しょうゆう セウイウ
  • しょうゆう〔セウイウ〕
  • すないすけ
  • 少=輔
  • 少×輔

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (歴史的かなづかいは「少輔(せうふ)」の下略とみて「せう」としたが、「せうふ」の変化した「せふ」であるとする説もある) 令制の八省の次官で大輔(たいふ)の下に位するもの。しょうゆう。すないすけ。〔令義解(718)〕
〘名〙
① =しょう(少輔)〔頓要集(14C後‐15C前)〕
② 明治二~一九年(一八六九‐八六)に置かれた各省、および神祇官の職名の一つ。大輔の次位にあって大輔と共に卿の職掌を補佐する勅任官。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android