コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少輔 ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう〔セウ〕【少輔】

律令制で、諸省の次官(すけ)で、大輔(たいふ)の下に位するもの。しょうゆう。すないすけ。
[補説]歴史的仮名遣いは「せうふ」の音変化した「せふ」とする説もある。

しょう‐ゆう〔セウイウ〕【少×輔】

しょう(少輔)

すない‐すけ【×輔/副】

しょう(少輔)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょう【少輔】

律令制で、八省の次官。大輔たいふに次ぐ官。すないすけ。しょうふ。しょうゆう。
1869年(明治2)以降、各省と神祇官に置かれた職員の一。大輔とともに卿を補佐した勅任官。内閣制度創設に伴い廃止。

しょうゆう【少輔】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

少輔の関連キーワード藤原隆親(2)下毛野虫麻呂巨勢斐太島村北小路俊孝高麗石麻呂何時となく安倍枚麻呂加々爪忠澄大久保忠隣相田信也大伴家持長束正家本庄道芳大伴三中安芸守家佐竹古関土佐光周那波政茂藤原真従長井貞縁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android