コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原光家 なかはら みついえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原光家 なかはら-みついえ

?-? 鎌倉時代の幕府官僚。
治承(じしょう)4年(1180)源頼朝挙兵にあたり,安達盛長とともに東国御家人招集の使者として派遣された。文治(ぶんじ)2年京都への使者もつとめる。政所知家事(まんどころちけじ)。通称は小中太光家,岩手小中太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原光家

生年:生没年不詳
鎌倉初期の幕府吏僚。流人時代から源頼朝に仕え,治承4(1180)年頼朝の挙兵に当たり累代御家人召集の使者となり,石橋山の戦にも随身した。また頼朝の愛妾を自宅に預かるなど,親密な近侍ぶりがうかがわれる。政所知家事(職員の一種)として公事に携わり,しばしば頼朝の使節を務めている。

(奥田環)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中原光家の関連キーワード鎌倉時代生年

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android