コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央の入江 ちゅうおうのいりえSinus Medii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央の入江
ちゅうおうのいりえ
Sinus Medii

月面のほぼ中央にある小さな平地。直径約 250km。アメリカの月探測船サーベイヤ6号が,1967年 11月に着陸して,土壌分析や写真撮影をした。この調査によって,月面の岩が地球の玄武岩に類似していることが報じられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中央の入江の関連キーワード月面図

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android