平地(読み)ヒラチ

  • ひらじ ‥ヂ
  • ひらじ〔ヂ〕
  • へいじ ‥ヂ
  • へいち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

起伏の小さい平らな土地。平地ということばは厳密な科学用語ではなく、自然地理学では起伏が小さく低平な土地をとくに平野と称し、標高の高い所でも平坦(へいたん)地が存在すれば、これを平地と称し、その適用範囲が高度および広さに関してきわめて広い。したがって、平地の成因も多様であって、侵食によってつくられた広大な平野から、山頂部の小規模な平坦地、あるいは堆積(たいせき)によってつくられた広い平野など各種である。

[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 平織りにした布地。
② 刀の刃先から鎬(しのぎ)までの部分。
〘名〙 (「ひらぢ」とも) 高低・凹凸のない平らな土地。へいち。
※巨海代抄(1586‐99)下「鶴鶻と云者は〈略〉平ら地には巣を掛けぬ物だ」
〘名〙 (古くは「へいぢ」か) たいらな土地。ひらち。
※高野本平家(13C前)二「さしもさかしき東坂、平地(ヘイヂ)を行くが如く也」
※俳諧・崑山土塵集(1656)一〇「露のぬきへいちに入よ霜はしら〈宗通〉」 〔史記‐河渠書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平地の関連情報