中新田(なかにいだ)打刃物

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

中新田打刃物[金工]
なかにいだうちはもの

東北地方、宮城県の地域ブランド。
加美郡加美町中新田地区で製作されている。江戸時代初期の寛文年間(1661年〜1673年)頃、伊達藩の刃匠が中新田鎌をつくったのが始まりという。空打式の伝統技法に新しい技術を加え、独特の焼き入れによりつくられる。鎌は薄く軟質で刈りやすい。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android