中新田(なかにいだ)打刃物

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

中新田打刃物[金工]
なかにいだうちはもの

東北地方、宮城県の地域ブランド。
加美郡加美町中新田地区で製作されている。江戸時代初期の寛文年間(1661年〜1673年)頃、伊達藩の刃匠が中新田鎌をつくったのが始まりという。空打式の伝統技法に新しい技術を加え、独特の焼き入れによりつくられる。鎌は薄く軟質で刈りやすい。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android