中条頼平(読み)なかじょう よりひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中条頼平 なかじょう-よりひら

?-? 鎌倉時代の武将。
中条家平の子とも孫ともいう。幕府御家人。建長4年(1252)に尾張(おわり)(愛知県)の守護をつとめており,のち六波羅評定衆となる。通称は出羽(でわ)藤次左衛門尉,弥藤次左衛門尉。姓は「ちゅうじょう」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android