出羽(読み)イデワ

大辞林 第三版の解説

いでわ【出羽】

でわ【出羽】

〔「いでは」の転〕 旧国名の一。山形県・秋田県の二県に当たる。1868年(明治1)、羽前・羽後の二国に分割。羽州。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でわ では【出羽】

東山道八か国の一つ。蝦夷地であったが阿倍比羅夫の遠征以後開拓され、和銅五年(七一二)越後国から分かれて一国となる。室町時代は関東管領が管轄、江戸時代は山形・秋田などの小藩が分立。明治元年(一八六八)羽前・羽後の二国に分割され、同四年廃藩置県後一二県となり、のち北半部は秋田県、南半部は酒田・山形・置賜(おきたま)の三県となる。同九年酒田・置賜の二県を山形県に統合。羽州。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出羽の関連情報