出羽(読み)デワ

デジタル大辞泉 「出羽」の意味・読み・例文・類語

でわ〔では〕【出羽】

《古くは「いでは」》旧国名の一。明治元年(1868)に羽前羽後分割。ほぼ現在の山形秋田両県にあたる。羽州

いでわ〔いでは〕【出羽】

でわ(出羽)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「出羽」の意味・読み・例文・類語

でわでは【出羽】

  1. 東山道八か国の一つ。蝦夷地であったが阿倍比羅夫の遠征以後開拓され、和銅五年(七一二越後国から分かれて一国となる。室町時代関東管領管轄、江戸時代は山形・秋田などの小藩分立。明治元年(一八六八)羽前・羽後の二国に分割され、同四年廃藩置県後一二県となり、のち北半部は秋田県、南半部は酒田・山形・置賜(おきたま)の三県となる。同九年酒田・置賜の二県を山形県に統合。羽州。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android