コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中流に舟を失えば一壺も千金 チュウリュウニフネヲウシナエバイッコモセンキン

デジタル大辞泉の解説

中流(ちゅうりゅう)に舟(ふね)を失(うしな)えば一壺(いっこ)も千金(せんきん)

《「鶡冠子」学問から》川のまんなかで舟を失った者にとっては、壺(つぼ)のようなものでも、浮き袋代用として千金のねうちがある。つまらないものでも時と場合によっては、大きな価値をもつことがあるというたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android