千金(読み)センキン

デジタル大辞泉の解説

せん‐きん【千金】

千枚の黄金。千両のかね。「この名画は千金にも換えがたい」
多額の金銭。また、非常に価値の高いこと。「一攫(いっかく)千金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐きん【千金】

〘名〙
① 千枚の黄金。千両のかね。
※謡曲・八島(1430頃)「たとひ千金を延べたるおん弓なりとも、おん命には替へ給ふべきかと」
② 多額の金銭。また、きわめて価値の高いこと。
※三教指帰(797頃)中「吁吁異哉。卿之投薬。前視千金之裘。猶対龍虎」
東野州聞書(1455頃)五「ことに初五文字千金よりも重し。天よりもはるかなるもの歟」 〔蘇軾‐春夜詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千金の関連情報