コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中田万助 なかだ まんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中田万助 なかだ-まんすけ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
中田嘉右衛門の門弟とも。享保(きょうほう)-寛保(かんぽう)(1716-44)のころ京都・大坂で立(たて)作者格として作品をかいた。前名は中西万助。名は万祐とも。作品に「三浦弾正風俗鎧(みうらだんじょうすがたのよろい)」「富館金矢車(とみやかたこがねのやぐるま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中田万助の言及

【雷神不動北山桜】より

…5段。津打半十郎,安田蛙文,中田万助合作。1742年(寛保2)正月大坂佐渡嶋長五郎座(大西)初演。…

※「中田万助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中田万助の関連キーワード雷神不動北山桜中田嘉右衛門津打九平次並木丈輔三勝物毛抜鳴神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android