コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野村正覚坊(読み)なかのむら しょうかくぼう

朝日日本歴史人物事典の解説

中野村正覚坊

生年:生没年不詳
江戸中期の陸奥国中野村(宮城県)五宝院の山伏。寛政9(1797)年仙台藩領内に発生した百姓一揆指導者のひとり。この一揆は藩による安価な米穀買い入れ反対を中心に郡方・村役人の不正追及,年貢先納反対などを求めて強訴,打ちこわしを展開した,仙台藩史上最大の一揆であり(4万人ともいわれる),領内各地で蜂起したが,正覚坊は江刺郡下伊沢方面の一揆を指導した。一揆後打ち首となったが処刑日は不明。「姿長大にして勇威才量常ならず」といわれ,天文,易学,数学などにもたけていたという。文政年間(1818~30)には一揆関係村落により,正覚菩提塔という供養碑が建立され,義民として顕彰されている。

(保坂智)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android