中野 二郎三郎(読み)ナカノ ジロウサブロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

中野 二郎三郎
ナカノ ジロウサブロウ


生年月日
嘉永6年3月4日(1853年)

出生地
丹波国(京都府)

経歴
明治期の自由民権家。亀山藩士で、明治維新後滋賀県の警部となる。明治13年頃から静岡県浜松で私塾を開き、15年自由党遠陽部の設立に参加、遠陽自由党常議員となった。19年6月自由党が企てた政府転覆事件(静岡事件)で逮捕され有期徒刑14年となり、30年特赦で出獄した。

没年月日
大正7年9月4日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

中野 二郎三郎 (なかの じろうさぶろう)

生年月日:1853年3月4日
明治時代の自由民権家
1918年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android