静岡事件(読み)しずおかじけん

  • しずおかじけん しづをか‥
  • しずおかじけん〔しづをか〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1886年に静岡県で起った自由党員による政府転覆計画未遂事件。 80年代初めは松方財政によって引起されたデフレにより農村が困窮し,静岡県でもいわゆる借金党や,小作党による蜂起事件が多発した。そのなかで遠,岳南の自由党系の党員有志によって箱根離宮の落成式に集る政府大官を暗殺する計画が練られた。これに先立ち,資金を調達するために銀行や,金融業に対する強盗を行なった。しかし,計画は事前に発覚し,100人以上が逮捕され,主謀者の湊省太郎,鈴木辰三,中野二郎三郎,山岡音高ら 24人が強盗罪により有期徒に処せられた。加波山秩父飯田,名古屋と続いた自由党系の挙兵計画の最後のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

明治中期の自由民権運動激化事件の一つで,政府転覆計画未遂事件。静岡で旧岳南(がくなん)自由党,遠陽(えんよう)自由党員らの民権左派が,1884年各地で起こった激化事件に応じて蜂起(ほうき)を企てたが,飯田事件名古屋事件の発覚で時機を失し,1886年箱根離宮落成式に臨席の政府高官暗殺を計画した。しかし事前に発覚し100余名が逮捕され,24名が強盗罪など(国事犯とは扱われなかった)で15年以下の刑に処された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1886年6月,静岡県の自由党員による政府転覆計画が発覚し,100余名が逮捕された事件。自由民権運動激化事件の最後に位置する。1883‐84年,松方デフレ政策によって農村は窮乏化し,静岡県下でも借金党を中心とする農民騒擾(そうじよう)が頻発した。こうしたなかで,1882年結成の岳南自由党(静岡中心),遠陽自由党(浜松中心)の党員たちはしだいに急進的傾向を強め,挙兵による政府転覆を計画。他地方の激化事件関係者らと連動して一斉蜂起を策したともいわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1886年(明治19)6月、旧自由党員らの政府転覆計画が発覚、静岡を中心に百余名が逮捕された事件。自由民権運動激化諸事件の最後のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1886年(明治19)6月、旧自由党員その他による政府転覆計画が発覚し、静岡を中心に東京、愛知岐阜などの府県で一斉検挙が行われた事件。自由民権運動の最後の激化事件といわれ、湊省太郎(みなとしょうたろう)、鈴木音高(おとたか)らの静岡グループ、中野二郎三郎(じろさぶろう)らの浜松グループ、広瀬重雄(しげお)、小池勇(いさむ)らの愛知・岐阜グループによって計画された。彼らは84年には、松方デフレ政策の進行による農村の窮乏の深化と困民(こんみん)党・借金党の蜂起(ほうき)、小作騒擾(そうじょう)の頻発など騒然とした不穏の状況のなかで、全国的武装蜂起による政府転覆を目ざし、加波山(かばさん)、飯田(いいだ)、名古屋事件の同志その他と連絡し、また軍資金獲得と同志の結束強化のための強盗を行った。しかし、全国的一斉蜂起の願望は結局実現せず、他の激化事件は各個的に鎮圧されたり未然に発覚して、同志は検挙された。静岡事件の同志は挙兵方針に見切りをつけ、85年以降は政府高官暗殺の方針に転換し、おもな同志は上京して東京で首相伊藤博文(ひろぶみ)その他の大臣暗殺の準備を進めたが、密偵によって計画は露顕し逮捕された。政府は、この事件の国事犯的要素をすべて抹殺し、純然たる強盗罪として処刑した。87年7月、被告25名が有期徒刑15年以下の刑に処せられ、このうち重罪の者はやがて北海道に送られ刑に服した。[原口 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

明治一九年(一八八六)六月、旧岳南自由党・遠陽自由党員ら自由民権運動左派の政府転覆計画が発覚し、静岡を中心に東京・愛知・岐阜などで百余名の自由党員が検挙された事件。自由民権運動最後の群起計画。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1886年,静岡県でおこった自由民権運動最後の激化事件
静岡県の旧自由党員が政府転覆のため箱根離宮落成式臨席の政府高官の暗殺を計画,発覚し百余名が逮捕された。彼らの中には銀行を襲撃した者もあったので国事犯であることを隠すため,25名が強盗罪として処罰された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静岡事件の関連情報