コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串揚げ くしあげ

2件 の用語解説(串揚げの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

くしあげ【串揚げ】


魚介類・肉類・野菜などの材料を一口大に切り、竹串に刺してパン粉などで衣をつけ、油で揚げた料理。大阪の名物料理となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くしあげ【串揚げ】

魚介類・肉類・野菜などの材料を一口大に切り、竹串に刺してパン粉などで衣をつけ、油で揚げた料理。大阪の名物料理となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の串揚げの言及

【てんぷら(天麩羅)】より


[てんぷら屋の発達]
 てんぷらが江戸の人気を博したのは屋台の食べ物として庶民に歓迎されたからで,天明(1781‐89)ころの黄表紙には点景としててんぷら屋台が登場する。それらの挿絵などからみると材料は串(くし)刺しにされることも多く,今日いう串揚げなどもてんぷらと呼ばれていたらしい。蜀山人の〈左に盃をあげ,右にてんぷらを杖つきて〉(《から誓文》)という一節も,当時のてんぷらの形状を裏書きしているといえよう。…

※「串揚げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

串揚げの関連キーワード握り鮨フリッター卸し和え立塩御好み焼き寄せなべ(寄せ鍋)ゼリー寄せ艶煮煮膾ホイル焼き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

串揚げの関連情報