コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串揚げ くしあげ

2件 の用語解説(串揚げの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

くしあげ【串揚げ】


魚介類・肉類・野菜などの材料を一口大に切り、竹串に刺してパン粉などで衣をつけ、油で揚げた料理。大阪の名物料理となっている。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くしあげ【串揚げ】

魚介類・肉類・野菜などの材料を一口大に切り、竹串に刺してパン粉などで衣をつけ、油で揚げた料理。大阪の名物料理となっている。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の串揚げの言及

【てんぷら(天麩羅)】より


[てんぷら屋の発達]
 てんぷらが江戸の人気を博したのは屋台の食べ物として庶民に歓迎されたからで,天明(1781‐89)ころの黄表紙には点景としててんぷら屋台が登場する。それらの挿絵などからみると材料は串(くし)刺しにされることも多く,今日いう串揚げなどもてんぷらと呼ばれていたらしい。蜀山人の〈左に盃をあげ,右にてんぷらを杖つきて〉(《から誓文》)という一節も,当時のてんぷらの形状を裏書きしているといえよう。…

※「串揚げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

串揚げの関連情報