主税(読み)シュゼイ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ぜい【主税】

〘名〙 「しゅぜいりょう(主税寮)」の略。
※続日本紀‐大宝元年(701)七月戊戌「画工及主計主算師雅楽諸師如此之類。准官判任

ちから【主税】

〘名〙 主税寮(ちからりょう)のこと。また、そこの官人。しゅぜいりょう。しゅぜい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主税の関連情報