コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主税寮 しゅぜいりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主税寮
しゅぜいりょう

「ちからりょう」ともいう。律令制下,民部省に属して諸国田租を司り,倉廩 (米蔵) の出納を監督した役所。従五位上相当の頭を長官に,助,允,属以下の役職があり,特に租税を勘定する算師という役職があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅぜい‐りょう〔‐レウ〕【主税寮】

律令制で、民部省に属し、諸国の田租(でんそ)や米穀類の倉庫の出納などをつかさどった役所。ちからりょう。ちからのつかさ。

ちから‐の‐つかさ【主寮】

しゅぜいりょう(主税寮)

ちから‐りょう〔‐レウ〕【主税寮】

しゅぜいりょう(主税寮)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

主税寮【しゅぜいりょう】

民部省所属の令制官司。和訓は〈ちからのつかさ〉。職掌は諸国の田租や出挙(すいこ),それらを貯蓄した倉庫の出納,諸国からの舂米(しょうまい)など,地方財政の管理。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅぜいりょう【主税寮】

日本古代律令制下の官司機構の一つで民部省の所属。〈ちからのつかさ〉ともいう。唐名は倉部。諸国の田租,およびそれを蓄積した倉庫の出納,また諸国から貢上される舂米(しようまい),碾磑(てんがい)(臼)などのことをつかさどった。その職員は頭(従五位上),助(正六位下),大允(正七位下),少允(従七位上),大属(従八位上),少属(従八位下)の四等官各1人と,算師(2人,従八位下),史生(4人),使部(20人),直丁(2人)とからなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅぜいりょう【主税寮】

律令制で、民部省に属し諸国の田租やそれを保管する倉庫の出納を管理した役所。ちからりょう。ちからのつかさ。

ちからのつかさ【主税寮】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の主税寮の言及

【主税寮】より

…日本古代律令制下の官司機構の一つで民部省の所属。〈ちからのつかさ〉ともいう。唐名は倉部。諸国の田租,およびそれを蓄積した倉庫の出納,また諸国から貢上される舂米(しようまい),碾磑(てんがい)(臼)などのことをつかさどった。その職員は頭(従五位上),助(正六位下),大允(正七位下),少允(従七位上),大属(従八位上),少属(従八位下)の四等官各1人と,算師(2人,従八位下),史生(4人),使部(20人),直丁(2人)とからなる。…

※「主税寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

主税寮の関連キーワード租庸調・雑徭百済有雄養老律令大宝律令主計寮主税頭正税帳勘文主税外記算道屯田租帳