コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久国 ヒサクニ

大辞林 第三版の解説

ひさくに【久国】

?~1226) 鎌倉初期の山城粟田口の刀工。藤次郎と称し、大隅権守を受領。国家の次男。兄国友とともに後鳥羽院御番鍛冶となり、山城国鍛冶の長者に任ぜられたと伝える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の久国の言及

【山城物】より

…山城鍛冶の繁栄は平安中期から江戸初期までの長期にわたるが,永延(987‐989)のころ三条に住した三条宗近が最も古く,ついで一門の三条吉家,五条兼永,五条国永ら古京物と称される一派がおこった。鎌倉初期には《宇治拾遺物語》にも〈粟田口の鍛冶〉とあるように,粟田口派があらわれて名工が輩出し,とくに国友,久国,国安の兄弟は後鳥羽上皇の番鍛冶に選ばれている。さらに建長(1249‐56)ころの国綱は北条時頼の招きにより鎌倉で作刀し,相州鍛冶(相州物)の基を築いたと伝え,末期の吉光は短刀の名手として名高い。…

※「久国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

久国の関連キーワード国民的議論に関する検証会合鹿児島県指宿市山川岡児ケ水鹿児島県肝属郡南大隅町霧島高原まほろばの里霧島錦江湾国立公園霧島屋久国立公園屋久島国立公園鹿児島県垂水市宮崎県えびの市京町[温泉]林田[温泉]宮崎県小林市真如堂縁起真正極楽寺栗野[町]無期限国債霧島[町]佐多[町]粟田口有国指宿[市]

久国の関連情報