コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番鍛冶 バンカジ

大辞林 第三版の解説

ばんかじ【番鍛冶】

鎌倉初期、後鳥羽院の命により、一か月交替で院に勤番した刀工。彼らの打った刀を御所作り・菊一文字と呼んだ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

番鍛冶の関連キーワード貞次(初代)粟田口国綱貞次(1)国友(1)一文字助宗一文字則宗粟田口国家一文字助則菊一文字御番鍛冶山城物日本刀朝忠守次助宗助則助成景国国安則宗

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android