乙字ケ滝

デジタル大辞泉プラスの解説

乙字ケ滝

福島県須賀川市にある滝。阿武隈川にかかる。落差6メートル、幅は100メートルにもわたり、小ナイアガラなどとも呼ばれる。名称は、水が乙字の形で流れ落ちることから。1990年、日本の滝100選に選定

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android