乙字ケ滝

デジタル大辞泉プラスの解説

乙字ケ滝

福島県須賀川市にある滝。阿武隈川にかかる。落差6メートル、幅は100メートルにもわたり、小ナイアガラなどとも呼ばれる。名称は、水が乙字の形で流れ落ちることから。1990年、日本の滝100選に選定

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android