コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武隈川 あぶくまがわ

7件 の用語解説(阿武隈川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿武隈川
あぶくまがわ

福島県東部を北流して宮城県仙台湾に注ぐ川。全長 239kmで,東北では北上川に次いで第2位の大河川。白石川,隈戸川,釈迦堂川,須川,松川,大滝根川など支流が多い。本流沿いを中通りと呼び,白河,郡山,福島,角田などの盆地が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あぶくま‐がわ〔‐がは〕【阿武隈川】

福島県の旭岳付近に源を発し、北流して宮城県南部で太平洋に注ぐ川。長さ239キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿武隈川【あぶくまがわ】

福島県南部,白河市西方に発し,県中東部を北流して宮城県南東部で太平洋に注ぐ。長さ239km,流域面積5400km2。白河,須賀川,郡山,福島,角田の各盆地が発達,上流の白河関と白河郡家は陸奥国の玄関として重視され,江戸時代には河岸を拠点とする舟運が発達した。
→関連項目安積疎(疏)水安達[町]阿武隈高地岩沼[市]大河原[町]鏡石[町]角田[市]郡山盆地柴田[町]白河[市]白河関仙台平野仙台湾月舘[町]貞山堀中通り二本松[市]東廻海運福島[県]福島[市]福島藩福島盆地保原[町]丸森[町]宮城[県]本宮[市]梁川[町]亘理[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あぶくまがわ【阿武隈川】

福島県東部から宮城県南部を流れる川。白河市西方にある三本槍岳(1917m)東斜面に発し,奥羽山脈阿武隈高地の間を北流,福島盆地北東隅から阿武隈高地北部を峡谷をなして北東流し,宮城県亘理(わたり)郡亘理町荒浜で仙台湾に注ぐ。幹川流路延長239kmは東北では北上川に次いで第2位,全流域面積5400km2は北上川,最上川に次いで第3位の大河川である。阿武隈川は,北上川とともに東北地方太平洋側の二大縦谷を形成するが,流路のこう配は平均して北上川よりも大きく,またいくつかの盆地間には峡谷部や遷急点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あぶくまがわ【阿武隈川】

福島県中南部、那須火山群の三本槍岳付近に源を発し、郡山・福島の両盆地を通って、宮城県で太平洋に注ぐ川。長さ239キロメートル。⦅歌枕⦆ 「世とともに-の遠ければそこなる影を見ぬぞわびしき/後撰 恋一

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(宮城県)〕阿武隈川(あぶくまがわ)


福島県南部から宮城県南部へ流れる川。1級河川(阿武隈川水系)。延長239km。流域面積5400km2。那須(なす)火山群の三本槍(さんぼんやり)岳(標高1917m)に源を発して東流し、郡山(こおりやま)盆地・福島盆地を北流、阿武隈ラインの峡谷を北東流して、宮城県南部で仙台湾に注ぐ。流域は東北地方屈指の農業地帯で、稲作のほか郡山盆地・福島盆地ではリンゴ・モモなどの果樹栽培が盛ん。また、農業用の安積疏水(あさかそすい)など水利施設が多い。近世の舟運利用は中間に峡谷があるため、上・中流と福島以北の下流に分かれたが、ともに年貢米の輸送路として東北地方南部の大動脈の役目を果たした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿武隈川
あぶくまがわ

福島県中通(なかどお)りを北流し、宮城県亘理(わたり)町荒浜(あらはま)で太平洋に注ぐ川。一級河川。延長239キロメートル、流域面積5400平方キロメートル。福島・栃木県境の那須(なす)火山群の三本槍岳(さんぼんやりだけ)付近に源を発し、阿武隈高地と奥羽山脈の間を流れ、郡山(こおりやま)、福島両盆地を経て宮城県に入り、北流する。古くは大熊、逢隈、合曲などと表記した。「隈」は屈曲を意味し、明治初期まで大きく曲流していたことを考え合わせると、大曲川から転化したとする説が妥当とみられる。近世には舟運があり、下流部の荒浜―沼上(ぬまのうえ)(宮城県伊具(いぐ)郡丸森町)間は寛永(かんえい)年間(1624~1644)に仙台藩が通船を開始、沼上―福島間の開始は1665年(寛文5)ごろである。鬼生田(おにうだ)(福島県郡山市)―川原田(同県西白河(にししらかわ)郡中島村)間にも舟運の便があった。鬼生田―才俣(さいまた)(同県二本松(にほんまつ)市)間は明治初年に船路が開かれた。近世の舟運は幕府の城米輸送がおもな目的であった。中流の阿武隈峡(蓬莱(ほうらい)峡)付近と福島盆地床との間は100メートル余りの落差があり、花崗(かこう)岩からなる岩盤に峡谷を刻む。藩政期には通船不能の急流部であったが、現在では発電所が設けられている。本流の一部では灌漑(かんがい)用水源や上水道水源に利用される。福島市付近までサケが上っている。また歌枕(うたまくら)としても『古今集』の「阿武隈に霧たちくもり明けぬとも君をばやらじ待てばすべなし」(東歌(あずまうた))など多く詠まれており、阿武隈川を「会う」にかけることが多く、また川底から埋(うも)れ木が発見されることから埋れ木を詠み込んだ古歌も多い。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿武隈川の言及

【郡山盆地】より

…福島県のほぼ中央,阿武隈川中流部にある盆地。東は阿武隈高地,西は奥羽山脈に属する川桁(かわげた)・額取(ひたいどり)両山地に限られるが,北部は青田原付近で本宮(もとみや)盆地に続き,南部は郡山市と岩瀬村,須賀川市との境界付近で須賀川盆地に移行する。…

※「阿武隈川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿武隈川の関連キーワード磐井川磐城国白石川磐城福島県南会津郡南会津町界福島県東白川郡塙町山梨県南巨摩郡南部町井出山梨県南巨摩郡南部町中野山梨県南巨摩郡南部町南部山梨県南巨摩郡南部町福士

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿武隈川の関連情報