コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾生遷移 かんせいせんい

大辞林 第三版の解説

かんせいせんい【乾生遷移】

植物群落の遷移の一型。新島・溶岩流・砂地などの乾燥地への地衣類・コケ類の定着に始まり、雑草・低木・陽樹林の時代を経て、安定な陰樹林が成立する。各群落の定着による土壌の保水力や養分の増加、光条件の変化が遷移の進行の原因となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乾生遷移の関連キーワード植物群落湿生遷移陰樹林陽樹林溶岩流コケ類地衣類養分低木新島定着遷移砂地

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android