コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物群落 ショクブツグンラク

4件 の用語解説(植物群落の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくぶつ‐ぐんらく【植物群落】

ある場所で一つのまとまりをもって生活している、幾種類かの植物の集まり。群落。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぶつぐんらく【植物群落 plant community】

植生のうちで相観や種組成でなんらかの均質さがあり,生態学的な類型化ができるような植物の集団を指すが,単にある地域に生育する植物の集団という意味で植生と同義に用いられる場合もある。単一の植物からなるものを純群落という。群落はcommunityの訳で,かつては共同体と訳された。現在,動物や動植物をあわせた生物の場合には群集という語が用いられているが,植物の場合は群落が慣用されている。 どういう種類の植物から群落が構成されているかを種組成という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくぶつぐんらく【植物群落】

群落 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の植物群落の言及

【植生】より

…陸上に生育している植物の集団を漠然とさす語であるが,大地を被覆する植物の集まりというような意味あいで用いられる。なんらかの生態学的基準によって類型化された植生は植物群落と呼ばれる。
[植生の機能]
 植生は生態系における一次生産者として,地球上の生命に欠くことのできないエネルギーや物質を生みだしているが,それと同時に植生の存在は地球上の気候環境にも大きく影響している。…

【相観】より

植物群落を外観的にとらえた様相。単なる景観ではなく,植物群落の形・構造を反映したもの。…

※「植物群落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植物群落の関連情報