亀虎古墳(読み)きとらこふん

精選版 日本国語大辞典の解説

きとら‐こふん【亀虎古墳】

(「キトラ」とも表記される) 奈良県高市郡明日香村阿部山にある終末期の古墳。円墳で、昭和五八年(一九八三)一一月ファイバースコープによって石室壁に四神の一つ玄武が描かれているのが発見された。以降、青龍、白虎が、また天井に星宿図が確認されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android