コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事とて コトトテ

デジタル大辞泉の解説

こと‐とて【事とて】

[連語]《名詞「こと(事)」+係助詞「とて」》
理由を表す。…だから、それだけ。…だけあって。「年をとってからできた子供の事とて、かわいくてしかたがない」「念を入れた事とて、よい仕上がりだ」
逆接の条件を表す。…こととはいえ。…だからとはいえ。「いくら初めての事とて大変失礼致しました」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こととて【事とて】

( 連語 )
〔名詞「こと」に接続助詞「とて」の付いたもの〕
活用語の連体形や助詞「の」に接続する。
理由や根拠を表す。…のことなので、それだけ。 「まだ幼稚園にも行っていない孫の-、世話がやけて仕方がない」
逆接の条件を表す。…ではあるが、しかし。 「知らぬ-、大変失礼致しました」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事とての関連キーワード接続助詞現無し犬食い係助詞活用語連体形然るに賄い抗う熱熱逆接名詞連語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事とての関連情報