事とて(読み)コトトテ

デジタル大辞泉の解説

こと‐とて【事とて】

[連語]《名詞「こと(事)」+係助詞「とて」》
理由を表す。…だから、それだけ。…だけあって。「年をとってからできた子供の事とて、かわいくてしかたがない」「念を入れた事とて、よい仕上がりだ」
逆接の条件を表す。…こととはいえ。…だからとはいえ。「いくら初めての事とて大変失礼致しました」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こととて【事とて】

( 連語 )
〔名詞「こと」に接続助詞「とて」の付いたもの〕
活用語の連体形や助詞「の」に接続する。
理由や根拠を表す。…のことなので、それだけ。 「まだ幼稚園にも行っていない孫の-、世話がやけて仕方がない」
逆接の条件を表す。…ではあるが、しかし。 「知らぬ-、大変失礼致しました」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事とての関連情報