事業持(ち)株会社(読み)ジギョウモチカブガイシャ

デジタル大辞泉の解説

じぎょう‐もちかぶがいしゃ〔ジゲフもちかぶグワイシヤ〕【事業持(ち)株会社】

グループ各社の株式を持つことで子会社を支配しながら、自社もまた生産活動など相当規模の事業を営む会社。→持株会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の事業持(ち)株会社の言及

【持株会社】より

…このような実定法上の規定は,国際的にみても数少ない例である。一般には,より広義に,株式所有を主たる事業とする純粋持株会社と,それを主たる事業とはしない事業持株会社の両方を含むと考えられている。事業活動の比率が高い事業持株会社を親会社,その支配下にある他社を子会社ないし従属会社という。…

※「事業持(ち)株会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android