コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二値論理学 ニチロンリガク

デジタル大辞泉の解説

にち‐ろんりがく【二値論理学】

命題の真理値として真・偽の二値だけを想定する論理学。→多値論理学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にちろんりがく【二値論理学】

命題の真理値は真か偽の二値のみをとる、とする立場で組み立てられた標準的な論理学。しかし実際の命題の値は必ずしも真偽二値に限らず(例えば「真偽不定」など)、ここに多値論理学・様相論理学などが成立することになる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二値論理学の関連キーワード様相論理学ギュンター真偽命題