コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五つ衣 イツツギヌ

大辞林 第三版の解説

いつつぎぬ【五つ衣】

女房装束で、五枚重ねた袿うちき。江戸時代には、女官の正装をいう。いつつがさね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五つ衣の関連キーワード菊襲・菊重紫の薄様江戸時代襲の色目萌葱匂五重襲重ね袿狩衣雛松襲重袿正装女官

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android