コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 うちき

6件 の用語解説(袿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


うちき

うちぎとも読む。平安中期以後の貴族女性や女官の正装の一つで,表衣 (うわぎ) の下に重ねて着た角形広袖の衣服。内衣 (うちぎ) ,衣 (きぬ) ,御衣 (おんぞ) ,重ね袿,ときには (あこめ) とも呼ばれ,その上に唐衣 (からぎぬ) と裳を着けて正装とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うち‐き【×袿】

《「うちぎ」とも》平安時代以来、貴族の男性が狩衣(かりぎぬ)直衣(のうし)の下に着た衣服。女性の場合は唐衣(からぎぬ)の下に着た。単に衣(きぬ)ともいわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

袿【うちき】

平安時代の女性の中着。着物衿(えり),広袖(そで)の袷(あわせ)で,単(ひとえ)の上に何枚も重ね,一番上を表着(うわぎ),下を重ね袿といった。後世5枚と定まり五衣(いつつぎぬ)と称した。
→関連項目打衣大袖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うちき【袿】

公家女子の服装の一種。〈袿〉という文字は,中国の古代では婦人の上衣であった。これが日本にも伝わって,〈うちき〉という国語ができたが(《和名抄》),この言葉には〈うちかけて着る〉という説と,表着(うわぎ)と単(ひとえ)との中間に着るので〈内に着る〉という説とがある。その形は垂領(たりくび)(今日の着物のような打合せ),広袖で,袷(あわせ)である。そして,襟,袖,裾まわしで,裏が少し出て,重色目(かさねいろめ)の美しい色彩を見せるようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちき【袿】

〔「うちぎ」とも。「内着」の意か〕
平安時代の女房装束で、唐衣からぎぬの下に着る衣服。多くは袷あわせ仕立てで、色目を合わせて何枚も重ねて着た。普段には表衣としても用いた。
平安時代、男性が直衣のうしや狩衣かりぎぬの下に着る衣服。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うちき

公家(くげ)の衣服の一種。垂領(たりくび)形式で襟、身頃(みごろ)、衽(おくみ)、袖(そで)よりなる。女子の袿は、広袖で身幅、袖幅も広く、丈も長く全体に大形につくられている。着装は、単(ひとえ)の上に一領ないし数領を襲(かさ)ね、五領一組のものを五衣(いつつぎぬ)とよんでいる。袷(あわせ)仕立てのものでは、表地と裏地を毛抜き合せにしたもの、おめりといって、表地が襟、袖口、裾(すそ)の各縁(ふち)で裏地より1センチメートルほど、控えて仕立ててあるもの、また表地と裏地の間に中陪(なかべ)といわれる生地を加えたものがある。盛夏には、単物(ひとえもの)を数領襲ねる単襲(ひとえがさね)、5月と9月には「ひねり襲」といって、表地、中陪地、裏地をそれぞれ縁をよりぐけ仕立てで単物とし、3枚あわせて一領としたものも用いた。地質は表地に綾(あや)、浮織物、二陪織物。中陪地は平絹。裏地は近世のものは平絹であるが、中世では菱文(ひしもん)の綾を用いたものもある。夏のものには生絹(きぎぬ)、紗(しゃ)(こめ)などを用いる。色目は禁色以外は比較的自由であるが、四季折々の襲色目に趣向を凝らした。なお男子も内衣として、丈のやや短いものを着用する場合もある。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【衣】より

…このような観念は平安時代まで受け継がれて,一般的に上級の衣服の総称となって〈うえのきぬ(袍)〉〈あこめきぬ(衵)〉などのように称された。しかるに,いつかこの一般的な〈きぬ〉という名称が平安時代からは袍(ほう)や唐衣(からぎぬ)の下に着る実用的な衣服をさすこととなって,(うちき)や(あこめ)をただ〈きぬ〉とのみいうようにもなった。たとえば,五つの重袿(かさねうちき)のことを五衣(いつつぎぬ)というのがそれである。…

※「袿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袿の関連キーワード祭服十二単服装内八文字家女唐衣征衣洋装古服不可能という文字は我が辞書にはない

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袿の関連情報