コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単衣 ひとえぎぬ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単衣
ひとえぎぬ

裏地のつかない,装束の下着のこと。 (ひとえ) ともいう。男性のものは広袖の短で脇が開いており,生地の織は織が多く,色の濃い若向きのものから,次第に淡い色が用いられた。女性の単衣は広袖で裾が長く,十二単 (じゅうにひとえ) や小袿 (こうちき) 装束の最下衣として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐い【単衣】

ひとえの着物。ひとえもの。
「―と雖も甚だ薄し」〈服部誠一・東京新繁昌記〉
1枚の着物。

ひとえ‐ぎぬ〔ひとへ‐〕【衣】

公家男女の装束の下に肌着として用いた裏のない衣。平安末期に小袖肌着を着用するようになると、その上に重ねて着た。地質は主に平絹で、綾の文様は菱(ひし)、色は紅・白・青など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんい【単衣】

ひとえの着物。ひとえもの。ひとえ。
一枚の着物。

ひとえぎぬ【単衣】

裏のついていない衣。
ひとえ 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単衣
ひとえ

単とも書く。ただし公家装束(くげしょうぞく)の単は、単衣とは書かない。単衣は一重に仕立てられた衣服の総称で、袷(あわせ)に対する語。単長着、単羽織、単コート、単帯、単長襦袢(じゅばん)、単袴(ばかま)、単襲(かさね)などがあげられるが、狭義には単長着をさす。おもに夏の衣服に用いられる。布地は綿織物に浴衣(ゆかた)地(手拭中形(てぬぐいちゅうがた)、長板中形)。絣(かすり)木綿、縞(しま)木綿、三浦絞り(有松絞り)や博多絞りなどの絞り類、経(たて)または緯(よこ)糸に太い糸を織り込んだ紅梅織もある。絹織物には盛夏用として平絽(ひらろ)、絽縮緬(ろちりめん)、紗(しゃ)、夏大島、小千谷縮(おぢやちぢみ)、上布(じょうふ)、薄御召(おめし)、翠紗(すいしゃ)などがあり、初夏、初秋には縮緬、綸子(りんず)、御召、紬(つむぎ)なども使用される。夏の礼装、正装には男女とも絽を用いる。合着、普段着にはセルを用いていたが、第二次世界大戦後は、夏以外も毛織物の和服地を用い、年間を通して単衣で過ごす人も増加している。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の単衣の言及

【単】より

…公家の衣服の一種で,単衣(ひとえぎぬ)の略。公家の服装構成で最も下に着用される衣。…

※「単衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単衣の関連キーワード暑かはし・熱かはし織り一重・織一重土用布子に寒帷子東京新繁昌記セル(織物)アワセグモ引き退ける国府尼御前情け無いうすものみさみさ滑り出づ脱ぎ留む伸し単衣上野殿母掻き越す具足帷子居敷当て小帷子中の衣

単衣の関連情報