上着/上衣/表着/表衣(読み)ウワギ

精選版 日本国語大辞典の解説

うわ‐ぎ うは‥【上着】

〘名〙
衣服を重ねて着る時に、一番外側に着る衣服。
※散木奇歌集(1128頃)冬「柴の庵のねやのあれまにもる雪は我がかりそめのうはぎなりけり」
② 中古以来の女房装束で、重袿(かさねうちき)の一番上に着る袿(うちき)。ふつう、五衣(いつつぎぬ)の上、唐衣(からぎぬ)もしくは小袿(こうちき)の下になる。上襲(うわがさね)。⇔下着(したぎ)
※本居本宇津保(970‐999頃)内侍督「からの御ぞ、おほんうはぎなどいへばさらなり」
③ 女房装束で、袴(はかま)に対し、上から腰をおおうもの。裳(も)
※栄花(1028‐92頃)根合「袴(はかま)も同じ紅葉(もみぢ)の打ちたる、うはぎも白き」
④ 近世以後の服装で、一番上に重ねて着る小袖。⇔下着(したぎ)
※虎明本狂言・薬水(室町末‐近世初)「うはぎが似合ぬ、とらう」
⑤ 明治以後、洋服で、ズボンなどに対し上半身に着る外側の衣服。
※暴夜物語(1875)〈永峰秀樹訳〉黒島王の伝「其計を行はんと上(ウハギ)を脱(ぬ)ぎて、軽装(みがる)に打扮(いでた)ち」

じょう‐ちゃく ジャウ‥【上着】

〘名〙 他の地方から上方地方へ到着すること。〔文明本節用集(室町中)〕
※上杉家文書‐大永四年(1524)一〇月九日・斯波政綿書状「仍已前者使者上着之砌、無其煩御懇之儀、祝着無他候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上着/上衣/表着/表衣の言及

【ジャケット】より

…ウエスト丈から腰丈までの上着の総称で,一般には前明きで袖つきの外衣をいう。男女,子どもに広く用いられ種類は非常に多い。…

※「上着/上衣/表着/表衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android