コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五原郡 ごげんぐんWu-yuan-jun; Wu-yüan-chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五原郡
ごげんぐん
Wu-yuan-jun; Wu-yüan-chün

中国,代に,現在のフフホト (呼和浩特) 付近を中心に,内モンゴルの南部におかれた郡。秦代には九原郡といったが,漢初,匈奴に占領されていたのを前漢の武帝が奪い返して五原と改めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の五原郡の言及

【五原】より

…人口26万(1994)。前漢の五原郡はこの地方を中心におかれたが,後漢末に廃止されてから,隋代に一時復活されたほかは,歴代,塞外の地として放棄され,清代にはモンゴル族ウラトキ(烏拉特旗)の牧地であった。清末にいたり漢民族の進出によって水利事業が発達し,20世紀の初め内地なみに県がおかれて,付近の農産物の大集散地となっている。…

※「五原郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android