コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五原 ごげん

百科事典マイペディアの解説

五原【ごげん】

中国,内モンゴル自治区西部の県。黄河左岸,いわゆる河套地区の北縁近くに位置し,歴代,北方民族の侵入に対する防御基地となった。羊毛・農産物を集散する穀倉地帯の中心地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごげん【五原 Wǔ yuán】

中国,内モンゴル自治区のバヤンノル(巴彦淖爾)盟所属の県で,黄河の北,後套(こうとう)平原に位置する。人口26万(1994)。前漢の五原郡はこの地方を中心におかれたが,後漢末に廃止されてから,隋代に一時復活されたほかは,歴代,塞外の地として放棄され,清代にはモンゴル族ウラトキ(烏拉特旗)の牧地であった。清末にいたり漢民族の進出によって水利事業が発達し,20世紀の初め内地なみに県がおかれて,付近の農産物の大集散地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五原
ごげん / ウーユワン

中国、内モンゴル自治区中部の県。バインノル盟に属し、後套(こうとう)平原上にある。人口28万2683(2000)。南は黄河(こうが/ホワンホー)に臨み、包蘭(ほうらん)鉄道が県域南部に通じる。黄河の水を引くウジヤ河をはじめ、多くの用水路が県内を縦横に貫流し、灌漑(かんがい)農業が盛んである。小麦、米、アワ、キビ、食油用アマ、サトウダイコンが栽培され、ヤギをはじめとする牧畜も行われる。コイの生産でも知られる。もとモンゴル族烏喇特(ウラト)部の遊牧地であったが、清朝(しんちょう)末期の20世紀初頭に農業移民の手で開墾されて農業地帯となり、五原庁が置かれ、1912年五原県となった。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五原の関連情報