コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五平太 ゴヘイダ

2件 の用語解説(五平太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごへいだ【五平太】

北九州地方で、五平太という者が初めて掘り出したからという》石炭のこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五平太の言及

【石炭】より

…明治維新後,石炭の需要急増とともに設備も近代化され,筑豊炭田は全国の石炭生産高の半分以上を占めるほどになった。 長崎港外の高島炭鉱は,宝永年間(1704‐11)に五平太というものが採掘に従ったのがそもそもの始まりと伝えられ,九州地方で石炭を〈五平太〉と称するのはこれに由来する。佐賀藩主鍋島直正がイギリス人T.B.グラバーとの共同経営によって本格的な開発に着手し,1869年出炭を開始したが,劣悪な労働条件に抗して,いわゆる〈高島炭鉱問題〉をはじめとする坑夫の暴動がたびたび起こった。…

※「五平太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五平太の関連情報