コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒹葭堂雑録 けんかどうざつろく

1件 の用語解説(蒹葭堂雑録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんかどうざつろく【蒹葭堂雑録】

江戸末期の随筆。木村蒹葭堂著。1859年(安政6)刊。5巻。大坂の雑学者として聞こえた著者が,各地の社寺に蔵する書画器物や見聞した珍しい動植物についての考証,人から聞いた珍談奇説などを書き留めた原稿を,著者没後,子孫の依頼を受けた大坂の著述家暁鐘成(あかつきかねなり)が整理抜粋し,刊行。池大雅の印譜,下鴨神社蔵の三十六歌仙絵巻などの珍品が雑然と紹介されており,松川半山筆の多くの挿画が興を添える。【日野 竜夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蒹葭堂雑録の関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐種の起源コムスン春一番点字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone