コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒹葭堂雑録 けんかどうざつろく

1件 の用語解説(蒹葭堂雑録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんかどうざつろく【蒹葭堂雑録】

江戸末期の随筆。木村蒹葭堂著。1859年(安政6)刊。5巻。大坂の雑学者として聞こえた著者が,各地の社寺に蔵する書画器物や見聞した珍しい動植物についての考証,人から聞いた珍談奇説などを書き留めた原稿を,著者没後,子孫の依頼を受けた大坂の著述家暁鐘成(あかつきかねなり)が整理抜粋し,刊行。池大雅の印譜,下鴨神社蔵の三十六歌仙絵巻などの珍品が雑然と紹介されており,松川半山筆の多くの挿画が興を添える。【日野 竜夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒹葭堂雑録の関連キーワード藤九鸞木村蒹葭堂八木巽所橿園随筆石川侃斎片岡子蘭木村孔恭木村巽斎西竹坡藤田恭庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone