五百重波(読み)いおえなみ

精選版 日本国語大辞典の解説

いおえ‐なみ いほへ‥【五百重波】

[1] 〘名〙 いくえにも重なって寄せてくる波。千重波。
万葉(8C後)六・九三一「朝なぎに 千重波寄せ 夕なぎに 五百重波(いほへなみ)寄す」
[2] (幾重にも重なった波が立つの意から) 「立ちても居ても」にかかる。
※万葉(8C後)四・五六八「みさき廻(み)の荒磯に寄する五百重浪(いほへなみ)立ちても居ても我が思へる君」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android