荒磯(読み)アライソ

デジタル大辞泉の解説

あら‐いそ【荒×磯】

波の荒い海岸。また、岩石の多い海岸。ありそ。

ありそ【×磯】

《「あらいそ」の音変化》荒波の打ち寄せる、岩石の多い海岸。
「み立たしの島の―を今見れば生ひざりし草生ひにけるかも」〈・一八一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらいそ【荒磯】

波の荒い磯。また、岩石の多い磯。ありそ。

ありそ【荒磯】

〔「あらいそ」の転〕
波の荒い磯。また、岩石の多い磯。あらいそ。 「白波の-に寄する/万葉集 3991

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あら‐いそ【荒磯】

〘名〙
※拾遺(1005‐07頃か)恋五・九五五「荒(あらいそ)のほか行く波のほか心われは思はじ恋ひは死ぬとも〈柿本人麻呂〉」
※俳諧・猿蓑(1691)一「あら礒やはしり馴たる友鵆(ちどり)〈去来〉」
② 「あらいそぎれ(荒磯切)」の略。〔俚言集覧(1797頃)〕

ありそ【荒磯】

〘名〙 岩石が多く、荒波の打ち寄せる海岸。あらいそ。
※万葉(8C後)一七・三九五九「かからむとかねて知りせば越の海の安里蘇(アリソ)の波も見せましものを」
※落窪(10C後)四「逢ふ事のありその浜の真砂をばけふ君思ふ数にこそ取れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒磯の関連情報