コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上南皐 いのうえ なんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上南皐 いのうえ-なんこう

?-? 江戸時代中期の儒者。
広津藍渓(らんけい)の甥(おい)。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬家につかえた。名は詮。字(あざな)は元衡。通称は良右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone