コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上才市 いのうえ さいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上才市 いのうえ-さいいち

1862-1934 明治-昭和時代前期の剣道家。
文久2年生まれ。天然理心流松崎和多五郎に入門し,郷里の東京府西多摩郡東秋留(ひがしあきる)村に心武館をひらく。門人170人余という。蚕種の生産にはげみ,大正11年東京博覧会で銅牌をえた。昭和9年死去。73歳。名は則清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上才市の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android