コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上才市 いのうえ さいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上才市 いのうえ-さいいち

1862-1934 明治-昭和時代前期の剣道家。
文久2年生まれ。天然理心流松崎和多五郎に入門し,郷里の東京府西多摩郡東秋留(ひがしあきる)村に心武館をひらく。門人170人余という。蚕種の生産にはげみ,大正11年東京博覧会で銅牌をえた。昭和9年死去。73歳。名は則清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上才市の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android