郷里(読み)キョウリ

大辞林 第三版の解説

きょうり【郷里】

自分の生まれ育った所。その地を離れた者の立場からいう語。故郷。ふるさと。
むらざと。いなか。 〔類義の語に「郷土」があるが、「郷土」は一般的に自分の生まれ育ったところ、あるいは、特有の文化・伝統を持つある地方の意を表す。それに対して「郷里」は他の土地で暮らしている立場から見て、自分の生まれ育ったところの意で用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷里の関連情報