郷里(読み)きょうり

精選版 日本国語大辞典「郷里」の解説

きょう‐り キャウ‥【郷里】

〘名〙
① むらざと。村落郷閭(きょうりょ)
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「郷里都を論じて、望み、先づめづらし」 〔周礼‐地官・遺人〕
② 生まれた土地。生まれ故郷。ふるさと。郷閭。
※続日本紀‐和銅七年(714)一一月戊子「自竭婦礼、為郷里之所一レ歎也」 〔漢書‐疏広伝〕
③ つま。また、本妻。嫡妻。〔類聚名物考(1780頃)〕〔沈約‐少年新婚為之詠詩〕

ごう‐り ガウ‥【郷里】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「郷里」の解説

【郷里】きよう(きやう)り

むらざと。〔宋書、隠逸、陶潜伝〕、督郵をはして至る。縣白(まう)す、應(まさ)に帶して之れを見るべしと。潛じて曰く、(われ)五斗米の爲に、を折りて里の小人に向ふ能はずと。

字通「郷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android