郷里(読み)きょうり

  • きょうり キャウ‥
  • きょうり〔キヤウ〕
  • ごうり ガウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① むらざと。村落。郷閭(きょうりょ)
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「郷里都を論じて、望み、先づめづらし」 〔周礼‐地官・遺人〕
② 生まれた土地。生まれ故郷。ふるさと。郷閭。
※続日本紀‐和銅七年(714)一一月戊子「自竭婦礼、為郷里之所一レ歎也」 〔漢書‐疏広伝〕
③ つま。また、本妻。嫡妻。〔類聚名物考(1780頃)〕〔沈約‐少年新婚為之詠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷里の関連情報