郷里(読み)キョウリ

大辞林 第三版の解説

きょうり【郷里】

自分の生まれ育った所。その地を離れた者の立場からいう語。故郷。ふるさと。
むらざと。いなか。 〔類義の語に「郷土」があるが、「郷土」は一般的に自分の生まれ育ったところ、あるいは、特有の文化・伝統を持つある地方の意を表す。それに対して「郷里」は他の土地で暮らしている立場から見て、自分の生まれ育ったところの意で用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐り キャウ‥【郷里】

〘名〙
① むらざと。村落郷閭(きょうりょ)
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「郷里都を論じて、望み、先づめづらし」 〔周礼‐地官・遺人〕
② 生まれた土地。生まれ故郷ふるさと。郷閭。
※続日本紀‐和銅七年(714)一一月戊子「自竭婦礼、為郷里之所一レ歎也」 〔漢書‐疏広伝〕
③ つま。また、本妻。嫡妻。〔類聚名物考(1780頃)〕〔沈約‐少年新婚為之詠詩〕

ごう‐り ガウ‥【郷里】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷里の関連情報