コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井出謙治 いで けんじ

2件 の用語解説(井出謙治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井出謙治 いで-けんじ

1870-1946 明治-大正時代の軍人。
明治3年5月9日生まれ。44年駐英武官となり,巡洋艦磐手(いわて)艦長などをへて,大正5年海軍省軍務局長。9年海軍次官にすすみ,13年海軍大将,軍事参議官となった。昭和21年10月30日死去。77歳。静岡県出身。海軍兵学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井出謙治

没年:昭和21.10.30(1946)
生年:明治3.5.9(1870.6.7)
明治大正期の海軍軍人。静岡県出身。幕臣井出勝三の長男。明治23(1890)年海軍兵学校卒業。26年巡洋艦「吉野」回航のためイギリスに出張,日清戦争(1894~95)後大尉となり,砲艦「大島」航海長,常備艦隊参謀などを歴任したのち,2年半アメリカに駐在。日露戦争(1904~05)中は山本権兵衛海軍大臣の秘書官を務めた。潜水艦の研究に従事し,海軍への潜水艦導入を献策したという。日露戦争後,最初の潜水母艦「豊橋」艦長,イギリス出張を経て,41年大佐となり,駐英大使館付武官などを歴任。大正2(1913)年少将に進み,呉鎮守府参謀長,第4戦隊司令官などを務めて,5年海軍省軍務局長に就任,加藤友三郎海相の下で八八艦隊の実現に尽力する。9年海軍次官となり,ワシントン会議に際して全権加藤友三郎の留守をあずかり,軍縮条約に関して海軍省内をとりまとめた。13年大将に進み,軍事参議官となる。15年退役。

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井出謙治の関連キーワード阿武清伊集院五郎鈴木寛之助鶴田鹿吉野間口兼雄野元綱明日高謹爾平野勇松村里子

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone