軍人(読み)いくさびと

精選版 日本国語大辞典「軍人」の解説

いくさ‐びと【軍人】

〘名〙 (上代において「ひ」の清濁は不明) 戦争に従事する人。将兵。兵士武人。ぐんじん。
書紀(720)崇峻即位前(図書寮本訓)「に衛士(イクサヒト)先づ楼(たかどの)の上に登り、穴穂部皇子の肩(みかた)を撃つ」

ぐん‐じん【軍人】

〘名〙
① 戦争に従事することを職務とする人。いくさびと。士。兵士。
※令義解(718)軍防「軍人・兵馬・甲杖。見在損失」 〔春秋左伝注‐昭公二三年〕
② 特に、近代、陸海空軍の軍籍にある人の総称。〔軍制綱領(1875)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軍人」の解説

いくさ‐びと【軍人】

兵士。武人。
「―たかとのの上に登りて」〈崇峻紀〉

ぐん‐じん【軍人】

軍籍にある人の総称。「職業軍人
軍士。兵士。いくさびと。
[類語]兵士兵隊兵卒つわもの戦士闘士戦闘員従卒士卒将卒精兵弱兵雑兵ぞうひょう新兵初年兵古兵ふるつわもの老兵敵兵・敗残兵・伏兵番兵歩哨斥候歩兵騎兵砲兵工兵水兵海兵セーラー憲兵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「軍人」の解説

【軍人】ぐんじん

軍士。〔韓非子、外説左上〕軍人に疽(しよ)をり。(ひざまづ)いて自ら其のを吮(す)ふ。の母立(たちどころ)に泣きて~曰く、、其のの創(きず)を吮ひて、せり。今是の子も將(まさ)に死せんとす。今吾(われ)、是(ここ)を以て泣くと。

字通「軍」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android