豊橋(読み)とよはし

精選版 日本国語大辞典「豊橋」の解説

とよはし【豊橋】

愛知県東南端の地名豊川への渡河点集落として起こり、中世には今橋、のち吉田と呼ばれ、江戸時代には東海道五十三次の宿場町(吉田・二川宿)、吉田藩城下町として栄えた。明治二年(一八六九)現在名に改称東三河地方の養蚕地を背景に製糸業発展。第二次大戦までは軍都としても知られた。現在は東三河地方を商圏とする商工業都市。明治三九年(一九〇六市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「豊橋」の解説

とよはし【豊橋】

愛知県、渥美半島南東部の市。豊川下流南岸に位置する。もと松平氏の城下町。東海道五十三次の吉田宿・二川宿として発展。旧称、吉田を明治2年(1869)改称。かつては製糸が、現在は食品などの工業が盛ん。人口37.7万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android