井守の黒焼(き)(読み)イモリノクロヤキ

デジタル大辞泉の解説

いもり‐の‐くろやき〔ゐもり‐〕【井守の黒焼(き)】

ほれ薬の一。イモリ雌雄を焼いて粉末にしたもの。思う相手に知らせずに振りかけたり、酒に入れて飲ませたりすると、相手に恋心を起こさせる効果があるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android