雌雄(読み)しゆう

精選版 日本国語大辞典「雌雄」の解説

し‐ゆう【雌雄】

〘名〙
① めすとおす。めすおす。
※田氏家集(892頃)上「和宮部藤郎中感曹局前棲鳥有雌雄
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二四「子を伴へる雌雄の猿猴(ましら)が」 〔爾雅‐釈鳥〕
② 二つで一組をなすものの両方。一対。
※経国集(827)一三・重陽節得秋虹応製〈橘常主〉「首尾分形浮殿閣、雌雄半体跨池塘
※太平記(14C後)一三「雌雄の二剣を打出せり」
③ 負けと勝ち。かちまけ。勝敗。
※兵範記‐保元元年(1156)七月一一日「彼是合戦已及雌雄由使者参奏」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「汝が父為朝だに、われと雌雄(シユウ)を争ひ得ず」
④ 劣ることとまさること。優劣。また、弱いことと強いこと。
※寛斎先生遺稿(1821)二・北海道中「随月潮頭無大小崖濤勢有雌雄」 〔淮南子‐犯論訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雌雄」の解説

し‐ゆう【雌雄】

めすとおす。「ひなの雌雄を見分ける」
すぐれていることと劣っていること。勝ちと負け。優劣。勝敗。「雌雄を争う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android