コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井戸替え イドガエ

デジタル大辞泉の解説

いど‐がえ〔ゐどがへ〕【井戸替え】

井戸水をすっかりくみ出して中を掃除をすること。古くから夏の行事として行われた。井戸さらえ。さらし井。 夏》「―のをはりし井戸を覗きけり/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いどがえ【井戸替え】

( 名 ) スル
井戸の水をくみ出して中を掃除すること。いどさらえ。さらし井。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の井戸替えの言及

【七夕】より

…また,この日を墓掃除とか墓参り道の草刈り(ボンミチツクリ)とか仏壇の道具を洗い清める日などに決めている土地も多い。ことに子どもらの〈七度食べて七度水浴びする〉とか,牛馬に水浴させるとか,年に一度の共同井戸の井戸替えとて組中総出で行うとか,水に関連する習俗が見られる。七夕の日にきまって雨が降る,この日3粒でも降ったほうがよい,とか,およそ星祭とは縁の遠い,降雨についての言い伝えが往々にしてあり,土地によっては,河童供養とか水神(すいじん)祭の日としている。…

※「井戸替え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井戸替えの関連キーワード井戸浚え七日盆水替え晒し井水神蜆貝井戸

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android