コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野草城 ひのそうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野草城
ひのそうじょう

[生]1901.7.18. 東京
[没]1956.1.29. 池田
俳人。本名,克修 (よしのぶ) 。第三高等学校を経て 1924年京都大学法科卒業。在学中すでに『ホトトギス雑詠欄の巻頭を占め,24年同誌課題句の選者となり,第1句集花氷』 (1927) で地位を確立。以後俳句近代化の機運に応じ 35年俳誌『旗艦』を創刊,無季を許容して『ホトトギス』を離脱し,新興俳句運動の有力メンバーとなった。ほかに句集『青芝』 (32) ,『転轍 (てんてつ) 集』 (38) ,『草城三百六十句』 (55) ,『銀 (しろがね) 』 (56) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひの‐そうじょう〔‐サウジヤウ〕【日野草城】

[1901~1956]俳人。東京の生まれ。本名、克修(よしのぶ)。新興俳句運動の中心として無季を主張、連作を実践した。句集「花氷」「青芝」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日野草城【ひのそうじょう】

俳人。本名克修(よしのぶ)。東京生れ。京大法学部卒。《ホトトギス》同人となるが,1935年俳誌《旗艦》を創刊主宰し,新興俳句運動を展開,《ホトトギス》から除名される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野草城 ひの-そうじょう

1901-1956 大正-昭和時代の俳人。
明治34年7月18日生まれ。昭和2年の句集「花氷」でみとめられ,4年「ホトトギス」同人。10年「旗艦」を創刊,無季新興俳句運動をすすめ,翌年「ホトトギス」を除名される。戦後は「青玄」を創刊,主宰した。昭和31年1月29日死去。54歳。東京出身。京都帝大卒。本名は克修(よしのぶ)。句集に「青芝」「人生の午後」など。
【格言など】朝顔やおもひを遂げしごとしぼむ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひのそうじょう【日野草城】

1901‐56(明治34‐昭和31)
俳人。東京生れ。本名克修(よしのぶ)。1918年,17歳で《ホトトギス》雑詠に入選。三高在学中,京大三高俳句会を結成,また鈴鹿野風呂(すずかのぶろ)らと《京鹿子》を創刊した。21年,20歳で《ホトトギス》巻頭を占め,早熟の華麗な詩才を謳(うた)われた。24年京大法学部卒。27年には第1句集《花氷(はなごおり)》を上梓,その句風は〈わび〉的俳句概念を払拭した才気煥発,清新瀟洒なモダニズムで,昭和俳句の先駆的役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひのそうじょう【日野草城】

1901~1956) 俳人。東京生まれ。本名、克修よしのぶ。京大卒。「旗艦」を創刊して「ホトトギス」を離反、自由主義の立場から無季俳句・連作俳句の新興運動を実践した。句集「花氷」「人生の午後」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野草城
ひのそうじょう
(1901―1956)

俳人。東京生まれ。1917年(大正6)高浜虚子(きょし)の句に接して句作を始め、18年8月『ホトトギス』雑詠入選、24年『ホトトギス』課題句選者に、29年(昭和4)『ホトトギス』同人になる。この間第三高等学校、京都帝国大学法学部を卒業、27年には句集『花氷(はなごおり)』を刊行した。35年『旗艦(きかん)』創刊、新興俳句運動の最左翼にたち、俳句近代化を図り、翌年『ホトトギス』同人を除名された。新興俳句弾圧の嵐(あらし)のなかで41年『旗艦』指導者の地位を去る。戦災、戦後の苦労を経て49年(昭和24)『青玄(せいげん)』創刊。病苦のなかで清明な句をつくった。句集に『青芝』(1932)、『昨日の花』(1935)、『人生の午後』(1953)、『銀』(1956)など。代表句「高熱の鶴(つる)青空に漂(ただよ)へり」「見えぬ眼(め)の方の眼鏡の玉も拭(ふ)く」など。[平井照敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日野草城の関連キーワード天花粉・天瓜粉富沢 赤黄男鈴鹿 野風呂井上 草加江片山 桃史伊丹三樹彦楠本 憲吉富沢赤黄男榎島 沙丘杉田 久女7月18日心太・瓊脂中村草田男日野 晏子平井照敏西東三鬼安住 敦山口誓子楠本憲吉無季俳句

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android