コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交感神経遮断剤 こうかんしんけいしゃだんざいsympatholytic agent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交感神経遮断剤
こうかんしんけいしゃだんざい
sympatholytic agent

抗アドレナリン剤,抗アドレナリン作動薬ともいう。アドレナリン作動性神経 (交感神経節後線維) 末端から遊離するアドレナリン,ノルアドレナリンの効果器への結合を抑制することにより,交感神経の機能を遮断する薬剤。次の2つに分けられる。 (1) α・β遮断剤 交感神経シナプス後膜の受容体 (→受容器 ) に直接結合して遮断作用を示す。 (2) アドレナリン作動性ニューロン遮断剤 交感神経終末に作用して遮断作用を示す。すべてノルアドレナリンとかかわりをもつもので,枯渇を起すもの (レセルピン,グアネシジンなど) ,抗遊離作用を示すもの (ブレティリウム) ,合成阻害と偽伝達物質として作用を示すもの (メチルドーパ) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

交感神経遮断剤の関連キーワードパーキンソン病アセチルコリンヒオスシアミンホマトロピンスコポラミンベナクチジンアトロピンα遮断剤便秘

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android