受容器(読み)じゅようき(英語表記)receptor

翻訳|receptor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受容器
じゅようき
receptor

レセプターともいう。刺激を受入れて最初に応答する細胞あるいは細胞の特定部位をいう。外界あるいは体内からの刺激を感覚として受取るには,受容器を介して神経が刺激される必要がある。温覚,触覚,圧覚,痛覚などの受容器が皮膚に密に分布しているほか,眼,耳,鼻,舌には視覚,聴覚,嗅覚,味覚の受容器がある。感覚刺激だけでなく,特定のホルモンや薬物などを受容する細胞もあるが,この場合は,その細胞の細胞膜上に特定の物質と結合しやすい物質 (おもに蛋白質) があって,ホルモンなどと結合する。この物質は受容体と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅようき【受容器】

動物体が外界からの刺激および体内で生じる刺激を受け入れる器官。化学受容器・光受容器・圧受容器など。受容体。摂受体。感覚器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅよう‐き【受容器】

〘名〙 動物体が刺激を受容する細胞や器官の総称。外界の刺激を受けとる外受容器と、体内で生ずる刺激を感じる内受容器とがある。実行器(作働体)の対語で、一般に感覚器とほぼ同じ意味に用いる。摂受体。〔人体の機能(1952)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受容器の関連情報