コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交流戦 こうりゅうせんInterleague

翻訳|Interleague

知恵蔵の解説

交流戦

日本プロ野球は1950年の2リーグ分立以来、一貫して同一リーグ内でレギュラーシーズンを消化してきたが、2005年から交流戦の導入を決めた。ゴールデンウイーク明けからの約6週間、ホームゲーム・ビジターゲームそれぞれ3試合ずつ計216試合(1チーム当たり36試合)を消化したが、07年からは38日間で144試合(1チーム当たり24試合)に。で採用されている予告先発はなし、パの主催ゲームに限定して指名打者制を採用する特別ルールだが、記録はこれまで通り。成績は05年がパの105勝104敗7引き分け、06年もパの108勝107敗1引き分けで、ロッテが2年連続で最高成績を収めている。メジャーリーグでは1997年から同地区内で、2001年からは地区を越えて行われている。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうりゅう‐せん〔カウリウ‐〕【交流戦】

普段は交流のない組織や国、地域に属する選手やチームとの試合。また、タイトルをかけないで両者の交流のために行う試合。交流試合
セパ交流戦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

交流戦の関連キーワードナショナルバスケットボールリーグ(NBL)ヨーロッパ/サウスアメリカ・カップパシフィック・リーグ北京五輪アジア予選リク ガトームソンセントラル・リーグランディ ルイーズコルビー ルイスライアン グリントレイ ヒルマンプロレスリングウエストランドツインタワー挑発ポスター2リーグ制瞬間メタルホールド清原和博NBL

交流戦の関連情報